スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セント・ジャーメインからのメッセージ3

今日もジャーメインにお聞きします。


「こんにちは!みなさん。三日目もレムリアについてお話いたします。
今日はみなさんが大好きな『封印』についてです。どうですか、ワクワクするでしょう?
とはいえここで私がお話するのは陰謀や善と悪の戦いなどのドラマについてではありません。みなさんがかって持っていたけれども、今は忘れ去ってしまっている色々な能力、感受性、あるいは知識のことです。

レムリア人はとても進化した人々で、今で言う超能力というものも自在に操っていました。目に見えない次元に存在している生物たちとも日常的に接していました。それぞれに得意な能力があって、その能力を磨くことを社会がサポートする体制も整っていたのです。今で言う職業訓練校のようなものです。

レムリア人は神にえこひいきされた特別な人々だったのでしょうか?
いいえ、違います。彼ら・彼女たちは本来ならどんな人間でも持っている能力を訓練開発する方法を知っており、その技術に長けていたというだけに過ぎません。そして真の神…つまり創造主が人間とともに現実を共同創造しているのだという真実をよく理解していたのです。つまり、あなたがたの全員が、かってのレムリア人と同じポテンシャルを秘めているのです。『昔はよかった、でも今は…』なんて嘆く必要はないのです。

そこで今日は、あなたがたの心の奥底に『封印』されているさまざまな宝物を開く瞑想を提案します。
ここで注意することは、なにか悪魔的な存在があなたの心に忍び寄り、あなたを不幸にするために封印を施したのだ…などと考えないことです。そこにフォーカスすることは、あなたが自分の現実を自分で作り上げているのだという真実から目を背けることになります。つまり、『今はこの宝物は必要ないから仕舞っておこう』と決めたのはあなた自身なのです。そのことを忘れないでください。

さて、最初の日に提案した、神殿の瞑想を覚えていますか?
あの司祭は今もそこにいます。すでに会話を交わしたり、名前を聞き出したり、仲良くなった方もいらっしゃることでしょう。

またあのクリスタルの神殿に行ってみましょう。今日は神殿はどのように見えますか?
素晴らしい建築様式や神殿に満ちた音楽をしばらく楽しんでみましょう。
しばらくすると司祭があなたに近寄ってきます。そしてやさしくあなたの肩を押して、あなたを神殿の地下へと案内してくれます。クリスタルで出来た神殿ですから、地下も明るく、光に満ち溢れています。恐れるものはなにもありません。

地下の小部屋には、美しい宝箱が安置されています。
それはあなたのものです。ずっとあなたによって開かれることを待っていました。
司祭がうやうやしく宝箱の鍵を手渡してくれます。鍵穴に鍵を差し込んで蓋を開いてみましょう。

そこから現れたものは、どんなものでしょうか?
かたちあるものでしょうか、かたちのないものでしょうか?
どんなものであれ、それをありのままに受け止めてください。
それは今このタイミングで、あなたにとって最高最善のもののはずです。

あなたが望めば、宝物はあなたのオーラと肉体に溶け込んであなたの一部となります。
まだしばらく眺めていたいと思われる方は、それもよいでしょう。
宝物を受け取って、小部屋を出て、そして目を開いてください。
そしてあなたが持ち帰った宝物を、あなたのよりよい人生のために役立ててください。
この瞑想は必要なときに何度でも行ってください」


今日はそんな感じでした。いかがでしたでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

アリ

Author:アリ
アリといいます。
シータヒーラーです。
愛知県東三河在住の、
40代女性です。

HP
天緑庵

ショッピングカート

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter...A

Twitter ari_h7777 < > Reload

月別アーカイブ
メールフォーム
セッション等のお申し込みやお問い合わせの場合、返信用のメールアドレスを必ず記載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
登録サーチ・ランキング
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。