スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スサノオノミコトからのメッセージ

本日は素戔嗚尊からメッセージをいただいてみます。

毎日チャネリングメッセージを始めてから、ずっと「俺にも喋らせてくれ!」という感じでいらしてたのですが、えーうちヒーリングのブログだし、あなた高天原きっての乱暴者ですやん…と後回しにしておりました。でもとうとうプレッシャーに負けました(笑)

まあそれも冗談で、じっさいにアクセスしてみるととっても紳士ですし、メッセージも素晴らしいです。



「今日は男性性についての話をしよう。ヒーリングやスピリチュアルの業界では、いわゆる女性性…つまり寛容さや受容性の象徴としての女性性を重要視することが多い。男性性がおろそかにされているとは言わないが、どちらか一方を重視するのではなく、本来はその両性がその人にとってバランスがいい状態かどうかが重要視されるべきだろう。

ここで強調したいのは、女性性と男性性が完全に同じくらいの配分でバランスされているのが、必ずしもベストではないということだ。どちらかが完全に無視されているのはバランスを欠いた状態とはいえる。しかし、7:3がちょうどいい人もいれば、4:5がちょうどいい人もいる。そこを見極め、どれくらいがその人にとって居心地のいい状態なのかを探っていく、これこそがバランスを取るということだ。

バランスのいい配分というのはその人の立場や職業によっても変わってくるだろう。例えば専業主婦で子供を育てている人だったら、女性性の配分が多い方がやりやすいだろう。逆に家族のために働いて家族を守る立場である人ならば、男性性の配分が多い方がやりやすいかもしれない。これは実際の性別に関係はなく、あくまで資質というか、その人がどういう生き方を選択するかということに関わってくる。

もしもあなたがヒーラーで、あなたのところに女性のクライアントが来たとしよう。その人は企業戦士で、毎日過酷な職場で戦っており、あなたから見たらとても『男まさり』な人だ。彼女は毎日の戦いにうんざりしており、疲れているとあなたに訴える。その時あなたは、この人の問題の原因は女性性が欠乏しているせいだ、本来のこの人の女性性が押しつぶされて悲鳴を上げているのだ、と判断するかもしれない。それは正しいかもしれない。しかし正しくないのかもしれない。

一方的な判断を下す前に、あなたの価値観からではなく、その人にとって何がベストなのかという観点からその人を見て欲しい。男性性の象徴といわれる『戦う』という性質は、そのものが悪なわけではないのだ。これは人間の本能に組み込まれているもので、この本能がなければ人間は生存していくことができないだろう。

そして戦うということは、必ずしも敵を打ち負かす野蛮な行為というだけではない。あなたが人生を切り開き、自分の意見を主張し、あなたが望む生活を手に入れるために実際に行動する、これも戦うということなのだ」


こんな感じでした。
いかがでしたでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

アリ

Author:アリ
アリといいます。
シータヒーラーです。
愛知県東三河在住の、
40代女性です。

HP
天緑庵

ショッピングカート

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter...A

Twitter ari_h7777 < > Reload

月別アーカイブ
メールフォーム
セッション等のお申し込みやお問い合わせの場合、返信用のメールアドレスを必ず記載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
登録サーチ・ランキング
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。